Menu

人手不足が引き起こす問題ともう1つの課題

看護業界の現状から、様々な課題が見えてきます。
まず、人手不足の課題を挙げることができ、その原因は大きく業務内容と勤務形態です。業務内容はハードであり、人の命にも関わるため責任感を持ち続けなければいけません。精神的にも体力的にもプレッシャーを感じるという理由から、退職する人が後を絶たないのです。
勤務形態においては、日勤だけではなく夜勤もあります。日勤と夜勤がランダムに続くことでライフスタイルが不規則になり、心身ともに疲れやすくなってしまうのです。その生活が続くことで体調を崩し、退職に至る人も少なくありません。
人手不足が深刻になれば、リスクも生まれやすくなります。例えば、連携がうまくとれずに、ミスや見落としをしてしまうことが出てきてしまうでしょう。
また、受付や診察が混雑しやすくなるため、緊急性のない患者も症状が悪化してしまう可能性があります。こうしたリスクを避けるためにも、人手不足は早急に対策しなければならない課題なのです。
その他の課題としては、知識や技術不足が挙げられます。新人に多いですが、ベテランが全く当てはまらないわけではありません。長く看護業界に携わっていても、知識を間違って覚えたままであれば意味がないです。
また、技術を過信して雑な対応をすれば、重大なミスに繋がりやすくなります。
さらに、看護業界は医療業界と共に発展し続けているため、知識や技術が古いままでは危険です。新人もベテランも、適切な知識と技術を兼ね備えなければいけません。